Search
Search Menu

ダイヤモンドのいろいろなカット

ダイヤモンドにはいろいろカットがあり、それぞれのダイヤモンドの魅力を作りだしてくれています。

あなたが求めているダイヤモンドは果たしてどのカットでしょうか。

ブリリアントカット

ブリリアントカットという名前は、多くの人たちが知っているのではないでしょうか。まさにここにもダイヤモンドの大きな魅力が一杯つまっています。

ブリリアントカットとは、すべての稜線がガードルを横切る面の取り方をしているのが特徴です。

ブリリアントカットという方法によって、ダイヤモンドの輝きは、外に向かって放たれることになります。

ブリリアントカットによって、ダイヤモンドに美しい虹色の世界がもたらされることになります。

ラウンドブリリアントカットは、その中でも一番オーソドックスで、エンゲージリングの定番ともいうことが出来ます。58面体のカットがダイヤモンドの魅力を最大限に引きだしてくれることでしょう。

ハートシェイプは、ロマンチックな形がとても人気ですが、カットが可能な原石が少ないという理由から、高価になってしまう傾向があります。

ペアシェイプは、洋ナシ(pear)を形どったカットのことです。片方だけ尖った先端が大人の風格を醸し出してくれます。

ラウンドブリリアントカットの楕円型がオーバルカットです。マーキースシェイプは、両側がつんと尖った、公爵夫人が身に付けるようなエレガントなカットです。

ステップカット

ステップカットとは、 すべての面はガードルと平行になり、ステップ状につくカットのことです。

まさに、ステップカットには、氷のような透明感を感じさせてくれます。

エメラルドカットは、 シャープで理知的な形が魅力的なカットと言っていいでしょう。エメラルドにもこのカットが使用されているので、このような言い方がされています。

ダイヤモンドは、このようなカットによって、段々と年をとって来た人たちも、違和感なく身につけることが出来るアイテムとなり得たともいうことが出来ます。まさに、そこにあるのはダイヤモンドのカットの技術です。

更に、テーパー、スクアエ、バゲットと言ったダイヤモンドカットは、メインの石を飾る脇石によく使われるカットです。

プリンセスカットは、比較的新しいダイヤモンドのカットで、1970年あたりに登場したもので四角い形で光を引き出しているので、ステップカットをよりキラキラ輝かしてくれることでしょう。