Search
Search Menu

ダイヤモンド買取 ジルコンは問題なし?

私達はダイヤモンド買取をしてもらう時にそのダイヤモンドは偽物かもという不安感も抱くことがあるかもしれないですよね。

事実偽物のダイヤモンドが出回っているようです。

ダイヤモンド買取の偽物とは

模造品、代替品として別の石のモノが販売されるケースはあり、ジルコン、ジルコニア、モアッサナイト、人工ダイアモンドなどがあります。

ジルコンはジルコニウムで結成された天然石です。ダイヤモンドよりも多く産出することが出来て、リーズナブルだからダイヤモンドの代用として昔から多く使用されて来た歴史があります。

無色透明で見た目もダイヤモンドの光沢に近く、場合によってはダイヤモンドよりもキレイな輝きを放つこともあります。

偽物というのには、あまりにも惜しい素材とも言っていいのではないでしょうか。

ジルコニア

ジルコニアも、ダイヤモンドの模造品として昔から使用されている素材です。人工的に、ジルコニウムで作ったものです。

人工とはいうものの、キュービックジルコニアなどの輝きは、ダイヤモンドに勝るとも言っていいかもしれません。

ジルコンよりも安い価格で手に入れることが出来るから、実際には重宝されているジュエリーとして捉えることが出来ます。

モアッサナイト

モアッサナイトは、 鑑定士がダイヤモンドの違いを見抜けなかったとも言われています。

モアッサナイトは、炭化ケイ素(Silicon carbide)で出来ている非常に貴重なモノなので、市場に出回っているモノはほとんど人工的に作られた合成石と見ていいでしょう。

一部の業者がモアッサナイトダイヤモンドとして販売したため、買おうという人たちも、偽物のダイヤモンドを購入する不快感をもってしまうかもしれません。

モアッサナイト=ダイヤモンドの偽物という思われ方をしている事実も現在あります。しかし、ここでも、人工石であるモアッサナイトには、相当な美しさが存在しているから、偽らないでもジュエリーとして市場価値は存在し、実際には、モアッサナイトのジュエリーであることをはっきりと明言して販売しているケースも少なくはありません。

モアッサナイトはダイヤモンドに似た輝き、時にはそれ以上の輝きがある人工石として充分評価することが出来るはずです。

いかがでしょうか。ダイヤモンドの偽物、果たしてそれは、本当に偽物と言っていいのか、その偽物をじっくり見て判断するのもいいのではないでしょうか。それは、ときとしてダイヤモンドよりも美しい石なのかもしれません。